機密情報を守る方法
企業の機密情報は、実際どのような形で存在しているのでしょうか?
また、機密情報は、日常的にどのような使い方をしているのでしょうか?
情報は、データベースや個人のPCにファイル情報として存在し、各人が自分のPCにコピーして活用する場合が多いのではないでしょうか。そして、その情報は、外部からの進入や盗難による情報の漏えいより、内部の不心得者による情報ファイルの持ち出しによって漏えいすることが多くなっています。そこで、ATFRAMEは、次のプロセスで情報を保護することを提案します。
Copy Right OFFICE M&M Co. Ltd. All right Reserved 2005